■九谷青窯(くたにせいよう)/ 徳永遊心 色絵 カップ
九谷青窯 商品名
手の平に沿うぽってりとした形が魅力のフリーカップ
九谷青窯 商品名
 

1655年、石川県加賀市で生まれた
九谷焼(くたにやき)。
当時は「古九谷」と呼ばれており、青、緑、黄などの
濃色を多用した華麗な色使いと斬新な図柄が特徴でした。
アートのように目で見ても楽しめるうつわで、
飾ったり贈り物にするなど
多くの方々から愛され続けています。

その九谷焼に新たな息吹をもたらしたのが、
今回ご紹介する九谷青窯(くたにせいよう)です。
1971年の創立以来、
「時代に即した座辺常用の器を」という想いを込めて
新しい九谷焼を提案し続けています。

九谷青窯のアイテムの特徴は
「普段使いしやすい九谷焼」であること。
古き良きうつわの形を基本としつつ、
盛り付けしやすく使いやすいことが特徴です。
大胆な色使いや模様でありながらも、
どんな料理とも調和し
食卓に優しい雰囲気を運んでくれます。
和食器ではありますが、
北欧食器と組み合わせても相性が良く、
毎日の食卓に欠かせない食器になるはずです。

また、こちらのアイテムは
陶工(職人)が1つ1つろくろを回して形を作り、
窯で焼き上げた後に丁寧に色付けをして完成します。
柄のわずかなズレ、お皿の小さな歪み、釉薬のかかり具合など、
1つ1つ異なります。
こちらのアイテムは人の手で丹精込めて作られているので、
欠品しますとしばらく入荷がございません。
使う人のために陶工が作ってくれていると思うと、
入荷を待つ時間も楽しみになりますね。
大量生産の食器にはない、人の手の温もりを感じられるアイテムです。

今回ご紹介する「色絵 カップ」は、
ぽってりとした形が魅力です。
お茶はもちろん、コーヒーや紅茶、チャイなどを入れても合います。
また、湯呑みとしてだけでなく
デザートや惣菜を入れるうつわとしても使っても良いですよ。
柄はみかん、椿、菊の3種類。
どれも落ち着きのある優しい絵柄ですので、
2つの柄をペアで使ったり、3種類揃えて棚に飾るなど、
お好みのものを選んでください。

陶工によって1つ1つ丁寧に作られている九谷青窯の食器。
手にした瞬間にその想いが伝わり、ずっと大切に使いたくなる、そんなアイテムです。

九谷青窯 商品名
お茶はもちろん、コーヒーや紅茶などにもよく合います。

九谷青窯 商品名
湯呑みとしてだけでなく、デザートカップとしても使えます。

九谷青窯 色絵 楕円平鉢
色絵 楕円平鉢と揃えると、より世界観が楽しめます。
>>色絵 楕円平鉢のご購入はコチラ
 
amabro×moomin 染付け茶碗
女性が手に持ったときのサイズ感です。
amabro×moomin 染付け茶碗
カップ外側から内側にかけてもみかんが描かれています。
amabro×moomin 染付け茶碗
真上からのようす。口が狭く、下にいくにつれ膨らむかたちになっています。
amabro×moomin 染付け茶碗
真裏のようす。低くて小さめな高台によりころんとしたかたちが生まれます。
amabro×moomin 染付け茶碗
花柄の部分に関して、色絵椿はマットな質感で色絵みかんと菊はツルっとしており貫入が入っております。
九谷青窯 イメージ
九谷青窯 イメージ
九谷青窯 イメージ
九谷青窯 イメージ


ラミー
九谷青窯


九谷青窯



色絵 カップ(九谷青窯) 色絵 カップ(九谷青窯) 色絵 カップ(九谷青窯)
色絵 カップ(九谷青窯) 色絵 カップ(九谷青窯) 色絵 カップ(九谷青窯)
□ 商品仕様
ブランド: 九谷青窯(くたにせいよう)
陶工: 徳永遊心(とくながゆうしん)
サイズ: 約φ8.5×H7.3cm(飲み口:約φ7.3cm)
容量: 約200ml
素材: 磁器
備考: ・職人1つ1つ手作りしているため、サイズや形状、色味などが多少異なります。
・釉薬がかかっていない箇所や黒点、釉薬の濃淡などが見られる場合がありますが、製造工程上のものとなります。
・使用不可:電子レンジ、食器洗浄機、乾燥機






食器 > マグ・C&S > 色絵 カップ(九谷青窯)
九谷青窯 > 色絵 カップ(九谷青窯)