■ moomin × amabro SOMETSUKE
- ムーミン × アマブロ 波佐見焼 染付 茶碗
amabro×moomin 染付け茶碗
日本の伝統×北欧 ムーミンの世界観を染付で表現した茶碗
amabro×moomin 染付け茶碗

「表現の再構築」というコンセプトのもと、
もの作りを行っているブランドamabro(アマブロ)と、
1945年の刊行以来、北欧だけでなく
世界中のファンを魅了するキャラクター
ムーミンがコラボレーションしました。

amabroは、"生活にアートを"というテーマで
古き良き日本の伝統を、
様々な形で取り入れる提案をしています。

今回ご紹介するのは、
江戸時代に長崎県波佐見で盛んに焼かれていた
庶民の日常食器である
「くらわんか碗」をベースにしたご飯茶碗。
伝統技法のひとつ「呉須(ごす)」で染付けし、
筆で描かれたムーミンの世界はどこか懐かしくもあり、
それでいて今までにない新鮮さを感じさせる茶碗です。

波佐見焼きとは、長崎県東彼杵郡波佐見町で焼かれる磁器の総称。
丈夫で使いやすく、実用性に優れていると、
400年以上も昔から多くの人々に親しまれてきた焼き物です。
その中でも波佐見焼最大のヒット作と呼ばれるくらわんか碗。
江戸時代に大阪京都間の交通手段として利用されていた船に、
小船で近づき「餅くらわんか、酒くらわんか」という掛け声と共に、
食べ物や飲み物を器に盛り付けて売っていたことが由来で名づけられました。

こちらのお茶碗は、大人も子供も使える程よいサイズ感。
元々船の上でも使いやすいように、
高台が重く厚みのある形状になったといわれており、
通常の茶碗に比べて安定感があるため、
ご飯だけではなくスープボウルとしてもお使いいただけます。

絵柄は全部で4種類。
どれもストーリーがあり、楽しげなキャラクターが描かれています。
ひとつずつ専用のボックスに入っているのでギフトにもオススメです。

ムーミンの愛らしいイラストと日本の伝統によって生まれた染付茶碗。
日本の美しい風景と北欧のテイストを共にお楽しみください。

amabro×moomin 染付け茶碗
毎日の食卓を楽しく演出するムーミンの茶碗。
高台が大きく、持ちやすいデザインになっています。

amabro×moomin 染付け茶碗
amabro×moomin 染付け茶碗
女性が手に持ったときのサイズ感です。
amabro×moomin 染付け茶碗
裏面にはMOOMIN×amabroの刻印と、ニブリングがちょこんと顔を出しています。
amabro×moomin 染付け茶碗
ギフトに最適な専用のボックスに入っています。


 
moomin amabro SOMETSUKE イメージ
 
moomin amabro SOMETSUKE イメージ

amabro×moomin 染付け茶碗


ソメツケ -茶碗-(moomin × amabro) ソメツケ -茶碗-(moomin × amabro)
ソメツケ -茶碗-(moomin × amabro) ソメツケ -茶碗-(moomin × amabro)
□ 商品仕様
ブランド: amabro(アマブロ)
サイズ: φ11.7×H6.7cm
素材: 磁器
備考: 使用可:食器洗浄器、乾燥機


素材の特性上、製造工程で生じる以下のような点がございますが、 メーカーの品質基準をクリアした商品になります。また、当店にて再度検品を行った製品をお客様にお届けしております。

・表面の柄の抜けやにじみ、濃淡、ムラなどが見られる場合がございます。
・表面に柄の飛び散りや黒点が見られる場合がございます。
・酢の物を長時間盛られた際、酸で変色する場合があります。
・食器洗浄機をご使用の場合、洗浄により絵柄がはがれやすい場合がありますので洗剤の取扱い表示を十分に確認して下さい。
・表面に傷がある場合がございます。
amabro moomin
黒点
amabro moomin
柄抜け・キズ
amabro moomin
色の飛び散り
amabro moomin
色移り
amabro moomin
色ムラ
amabro moomin


 




食器 > 飯碗・汁椀・蕎麦猪口 > ソメツケ -茶碗-(moomin × amabro)
amabro > ソメツケ -茶碗-(moomin × amabro)