メイン

フィンランド アーカイブ

2011年04月22日

フィンランドショートトリップ(1) 1日目 出発編

冬から春に変わる時期にフィンランドに買い付け旅行に行ってきました。
日本での仕事の関係で3泊4日とかなりの弾丸ツアー。
 
前日遅くまで仕事をしていたので、そのまま徹夜で旅の準備。
4月のフィンランドは日によって氷点下にもなるとのことなので、
東京の真冬を想定して、防寒靴にヒートテック、セーターを用意しました。
買い付け用に、スーツケースいっぱいにエアパッキンをいれて、
カメラを充電したり、電化製品のプラグやコードを準備したり。
  
向こうに行ってもブログが書けたらいいなと思い立って、
ブログ更新ができるiPhoneアプリなんかを調べていたら、
いつのまにか力尽きて、床で寝てしまってました。
 
  
気がついたらすでに朝。家を出る時間の30分前。
急いでシャワーを浴びて、PCをしまって、
出ているものをすべて詰め込んで出発です!
 
今回の旅は、オーナーと友人夫妻の4人で行く予定ですが、
出発の2時間前の待ち合わせから、30分遅れで成田空港に到着するも誰も来ていない・・・。
 

 
連絡してみると全員遅刻というなんともすごい状況。
 
チェックインカウンターが1時間前には閉まってしまうので、
とりあえずチェックインをすませて、みんなの到着を待ちます。
「もし、間に合わなかった場合には、一人でも行きますか?」
という質問にひやひやしながら、待つ時間は本当に長かったです。

全員なんとか間に合ってチェックイン完了。
荷物を預けて、無事飛行機に乗り込むことができました!


 
こんな波乱の幕開けで始まったフィンランド旅行。
これから先、どうなることやら・・・。
 
それでは、フィンランドに行ってきます!

2011年04月24日

フィンランドショートトリップ(2) 1日目 フィンランド到着編

 
 
FINNAIRに乗り込んで、フィンランドへ向かいます。
チェックインでバタバタしていてすっかり忘れてましたが、
エアラインのデザインが大好きなので、FINNAIRに乗れることに興奮!

 
 
窓際の席に座ってみると、LUFTHANSAの機体が見えてさらに感動!
この時点でかなりテンションが上がってました(笑)

 
日本からフィンランドまでは10時間ほど。
日本とフィンランドの時差は6時間(現在はサマータイムなので1時間短く通常は7時間)なので、
11時に成田を出発して、フィンランドに着くのは15時過ぎの予定です。
 
フィンエアは機内食も美味しいし、席には個人用のモニターがついていて、
映画も見れるし、飛んでいる前方と下方の景色もカメラで見れるし、
(やってないですが)ゲームもできるみたいだし、なかなか快適です。
 
 

 

とりあえず、フィンランドについてからの計画を立ててから、
機内誌を見たり、映画を見たり、本を読んだりしながら空の旅を楽しみます。
さすがに、徹夜で疲れていたので、後半はぐっすり。 
 
起きて窓の外をのぞいてみると、窓に氷の結晶が!

 
 
そんな風に過ごしているうちに、いよいよフィンランドが近づいてきます。 
15時すぎ、ほぼ時間どおりにヴァンター空港に到着。

 
 

あいにくの天気なのが残念です。


空港からは、FINNAIRバスにのって1時間弱でヘルシンキ市街に着きます。

 
 
中央駅からトラムに乗ってホテルに向けて出発。

今回お世話になるのは、オペラハウス近くにあるホテル。
 
 
   
チェックインもすませて、荷物を置いていよいよヘルシンキの街へ繰り出します!
 

2011年04月25日

フィンランドショートトリップ(3) 1日目 ヘルシンキ市街編

ホテルに荷物を置いて身軽になったので、徒歩で市街地へ。
街並みがきれいで、歩いているだけでも楽しいです。
小雨が降っていますがそんなのは気にしません!
 
 

まずはSTOCKMANのCAFEでコーヒーを飲みながら、どこにいくか軽く打ち合わせ。
時間は午後の6時ですがまだ外は明るいです。
 
 

エスプラナーディ通り沿いを歩きながら、
日本でもお馴染みのブランドショップをのぞいていきます。
  

marimekko


aarikka


finlayson


artek

そして・・・
 

iittala
 
こちらにも銀座店と同じようにピクトウォールが飾られてました。

日本ではすでに廃番になってるアイテムや限定アイテムなどもいろいろありました。
とりあえず日本未発売のものをいくつか購入。
AALTOのポスターとか欲しかったけれど持ち帰るのが大変なので我慢・・・。
 
 
そのまま歩いていくと、港に到着!海が凍ってました!
 

 
7時を過ぎて、いろいろなお店が閉まる時間なので、
STOCKMANN(フィンランドの大きなデパート、日本で言うと高島屋?かな)を覗いてみます。


 
ここでも、アラビアやイッタラ、マリメッコなどが普通に売られてます。


そして、STOCKMANNに併設されているアカデミア書店へ。
 

こちらは、かもめ食堂でサチエがミドリと出逢った書店です。
同行の2人とCAFE AALTOで合流して、お茶を飲んでからディナーへ。

 
ショップは早めに閉まりますが、レストランやバーなどはわりと遅くまでやっているとのこと。
vanhaa ja kaunistaやlasikammariなど、有名なアンティークショップが並ぶ
Liisankatu地区にあるレストランKolme Kruunuaでディナー。
 

地元でも有名なお店らしく、常連さん?でいっぱいでした。
さっそく注文!


サーモンのスープ


トナカイ肉

ミートボール・・・はうまく撮れなかったので割愛。
 

赤ワインを飲みながら、フィンランドならではの料理が食べられて大満足。
リーズナブルで雰囲気もよくて、とてもいいレストランでした。
 

  
雪が降る中、トラムを待つこと30分。
なかなか来なくて凍えましたが、なんとかホテルに戻ってきました。
 
これで、一日目が終わり。
ヘルシンキについてから半日くらいなのに、かなり堪能できました。
明日はもっと楽しいことがいっぱいの予定です!

2012年02月23日

フィンランドショートトリップ(4) 2日目 かもめ食堂編


6時半に起床。
シャワーを浴びて、インターネットの設定。
メールチェックをして、日本に仕事の指示を出します。
海外でもノートPCさえあれば、スカイプとか使って
普通に仕事ができそうだなぁとか、そんな事を考えたり。

  
ホテル一階にあるカフェでビュッフェ。
今日は一日歩き回るので、しっかりいただきます。


(たっぷりの朝食と黄昏れるオーナーイカワ氏)

ヨーグルトもフルーツとベリーをたっぷりいれていただきました。
見た目もキレイで朝から大満足。

 
時間的にまだ、お店が開いてない時間なので、
散歩がてら、ホテルのまわりを散策することに。

ホテルの近くにかもめ食道のロケ地「kahvila suomi」があるので、
その足で行ってみました。


あった!


外観は、そうそう!これ!


中は普通のカフェというか食堂です。


フィンランド語で書かれてますが、やはり日本からの観光客が多いようで、
テーブルには日本語のメニューもありました。
 

名物のシナモンロールをペロリ。


かもめ食堂のポスターもばっちり貼ってありました。
手前のまねき猫がなんともいえない雰囲気ですね。 
 


kahvila suomiをあとにして、お次はセカンドハンドショップへ。
日本でいうリサイクルショップですね。

iittalaやARABIAは、日本ではブランド品のカテゴリーに入ると思いますが、
フィンランドでは、昔も今も一般家庭でも使われている身近な食器です。
なので、こういうお店にも掘り出し物が眠っていたりします。
 

こんなふうに並んでいる中から・・・


真剣に選んでます。

フィンランド買付、先は長いのでここではちょっとのつもりだったのが、
予想外にいろいろ買いこんでしまいました。

購入した荷物を置きに一旦ホテルに戻ります。

フィンランドショートトリップ(5) 2日目 アンティークマーケット編

セカンドハンドショップで買った荷物をホテルに置いて、
ホテルから徒歩5~6分くらいにある、
Hietalahden(ヒエタラハティ)のアンティークマーケットへ向かいます。


お、見えてきた。


さっそく入ってみると・・・



わーーーーーーーーーーーーーー


なんだこれ!


なんだこれ!! 


ヴィンテージがありすぎる!!

あれもこれも、こんなの見たことないよ!というものも!
所狭しとこれでもか!というくらいに並んでます。
 
もう、二人で大興奮!
 
ここ、何時間いても飽きないです。
そして、見れば見るほどどれも欲しくなってくる・・・。
 
うーん・・・楽しい!
けど、ここから選ばないといけないなんて辛い・・・。
全部持って帰りたい・・・。
 
そして、時間に限りがあるので、
それぞれのお店をパッと見ながら、気になるものをピックして、
どれを買うか二人でプチ会議です。


真剣に品定めをするオーナーイカワ氏


店主と交渉中の店長ヒグマ
 

購入したものを計算中の店主さん。
 

買い付け金額の予算はたててたけど、量がどれくらいになるかはわからなかったので、
手持ちで持ち帰れるかな?なんて甘いことを考えてたのですが、
2日目の朝の時点でこれだったら、全て持ち帰るのは無理だろうと判断して、
送ることに決定。
 
そういうわけで、送る箱を調達しないといけないので、
お店の方に「Salida banani?」と聞いてみると、裏の方から持ってきてくれました。


そう、バナナ箱です。
 
フィンランドではみんなバナナを食べるそうで、どこに行ってもバナナがあります。
バナナがあるところにバナナ箱あり。バナナがないところにもバナナ箱あり、
そんなバナナ箱は頑丈で、しかもたくさんあまってるので、
日本へ物を送るにはぴったりなんです!
 
バナナ箱と大量の荷物を両手に持つ、怪しい日本人二人。


記念にパシャリ。
 
こんな怪しい格好で、もう一度ホテルに戻ります。

2012年02月24日

フィンランドショートトリップ(6) 2日目 ハカニエミマーケット編

トラムに乗って、ハカニエミのマーケットへ。

寒さのせいか、屋外のテントはガラガラ。
天気が良かったら最高なのにと思いながら屋内マーケットへ。


 
かもめ食堂でみどりさんがトナカイ肉を買っていた、
肉屋さんを横目に、SOPPAKEITTIOで昼ごはん。


ラーメンのどんぶりのようなボウルに
鮭、海老、貝と野菜がたっぷり入ったスープ!
ムーミンの作者トーベ・ヤンソンさんも通っていたそうです。


美味しさにご満悦のイカワ氏


カメラを向けたらにっこり微笑んでくれた、ナイスガイの店員さん。
 
ふー、おなかいっぱいになったところで2階に移動。
1階は食料品ですが、2階にはmarimekkoなど雑貨やアパレル、文房具などいろいろなお店が入っています。


帰ってから開催するお土産市用に日本で売っていないアイテムを選びました。
 
自分はかわいいおばあさんがやっている切手屋で、
ファイルをめくって切手を購入。


 
アンティークマーケットに続き、ハカニエミでもいろいろ買いました!
そして、次はmarimekkoのファクトリーショップへ!

2016年04月29日

フィンランドトリップ2016 vol.1 買い付けに行って来ました&吉祥寺本店で「北欧マーケット」を開催します!

フィンランドトリップ2016

今年もゴールデンウィークに、吉祥寺本店にて「北欧マーケット」を開催します!

東京では20℃を超える日が続く4月の中旬に、
まだ寒さの残るフィンランドに買い付けに行って来ました。

フィンランドトリップ2016

ARABIAを中心に、marimekko、GUSTAVSBERG、Rorstrandなど
何十年も前に北欧の地で作られたヴィンテージアイテムが、
時を越え、海を渡り、吉祥寺に大集合します!


実際に買い付けたアイテムはこちら↓

北欧マーケット

POSTIとのコラボによるmarimekko vihkiruusuラテマグや、
ARABIAのAURINKOやISOKUKKAといった現地でも入手困難なアイテム、
カイピアイネンのレアなアートピースにAALTOのデッドストック本など、
フィンランド中を歩き回っていいものを沢山買い付けました!

こちらの画像は、買い付け品のほんの一部です。
ARABIAのルスカシリーズやGUSTAVSBERGのBERSAなど定番のアイテムから、
見たこともないようなレアものまで、200種類以上のヴィンテージ品が並びます!
今まで開催したフェアと比べても、今回は最大級の品揃えになる予定です!
 

ゴールデンウィークは是非、吉祥寺本店の「北欧マーケット」にお越しください。
ご来店お待ちしております!


>> 北欧マーケットの様子はこちらからご覧いただけます!


北欧マーケット

【開催概要】
─────────────────────────────
北欧マーケット~ヴィンテージフェスタ~

■期間:2016/05/3(火)~05/22(日)

■場所: free design 吉祥寺本店
渋谷モディ店、オンラインショップでは開催いたしません。

※フェア商品のご予約や、お取り置きは承ることができませんので、
予めご了承下さいませ。
─────────────────────────────

2016年05月15日

フィンランドトリップ 2016 vol.2 アアルトデザインを訪ねて -アトリエ編-

finaalto1

フィンランドを代表する建築家 Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のアトリエと自邸を見学してきました。

finaalto12

アアルトは建築や家具、ガラス製品など様々な名作を世に残しています。

フィンランド国内にある多くの公共施設や、アカデミア書店などの建築を手がけるほか、
自身の名前を冠した「アアルト大学」、ユーロ導入前のフィンランド紙幣に肖像画が描かれるなど、
フィンランドでは知らない人がいません。

そんなアアルトのアトリエと自邸は、ヘルシンキ郊外の同じ地区に位置し
どちらもガイドツアーでのみ見学が可能です。
(個人での見学の場合は、事前の予約も必要ありません。)

まずは、アトリエに向かいます。
ヘルシンキの中央から4番トラムに揺られること約20分。
Tiilimaki駅で下車して、そこから歩いて5分のところにあります。
閑静な住宅街の中にあるので、気づかず通り過ぎてしまいそうになりましたが、、、

何とか無事に見つけることが出来ました!

finaalto2

finaalto3

早速受付を済ませ、各部屋の説明を聞きながら順番に見学していきます。
一通り説明が終わると、自由時間があり写真撮影をすることができます。

finaalto4
広々とした製図室。現在も使われています。

finaalto7
黒い壁の後ろがオフィスマネージャーの部屋になっています。

finaalto8
製図用品が展示されています。ここから様々な有名建築が生まれたことを想像するとワクワクします!

finaalto5
アトリエに積み重ねられたスツール60。絵になりますね。

finaalto6
アトリエに飾られた自身の写真たち。

finaalto13
アルテックの照明がずらり!高い位置から優しい光で照らしています。

finaalto10
会議室の上部には、製図ケースが積まれています。このような風景さえも絵になります。

finaalto11
「タベルナ」と名づけられた食堂です。今もスタッフの方々が使用しています。

finaalto9
食堂の棚には、妻 アイノ・アアルトがデザインしたイッタラのグラスがずらりと並んでいます。

50年以上前の建物ですが、まったく古臭さは感じられませんでした。
計算された光の入り方、随所に見られる曲線美がとても印象的でした。

フィンランドデザインをもっと知りたい方は是非、訪れてもらいたい場所の一つです。

(渋谷モディ店店長 ミヤハラ)

---

■フィンランドトリップ2016
vol.1 買い付けに行って来ました&吉祥寺本店で「北欧マーケット」を開催します!
vol.2 アアルトデザインを訪ねて -アトリエ編-


■北欧マーケット
2016/5/3-5/22 吉祥寺本店にて開催中


プロフィール



■吉祥寺本店
〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町2-18-2-2F
TEL:0422-21-2070
OPEN:11:00-20:00

■渋谷モディ店
〒150-0041
渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ6F
TEL:03-4336-8265
OPEN:11:00-23:00

■オンラインショップ
free design online shop




アーカイブ